この映画を見た”ノートルダムの鐘” ”ブラス”!"星の旅人””星の王子様”

書くの久々。

全部良い映画だったけど、この中でもブラス!が印象に残ったかな。

映画の中の人物デッサン、とでもいうか、人物描写が丹念で役者も

それに答えていて、それでいて炭坑の閉鎖とゆうどうにもならない社会事情も

描かれていて。

こういった映画は語り継がれて欲しいなと。

ノートルダムの鐘はとにかく絵が美麗の一言につきる、この時代のアニメーターは

本当に優秀、、てか2Dアニメをもう一度メインストリームにしてくれないかなディズニー

星の旅人は、旅好きには見て欲しい。設定、脚本は取って付けた感満載ですが、

飛行機の中とかでみたらテンションあがりそう。

あと2歩位で名作になりそう

 

星の王子様も良かったけど脚本の詰めがなあ、、最後の展開、オチがもったいないよ。

 

 

この映画を見た”グラントリノ”

こんちは。

今日はさらっと書きます。

何より続ける事が大事ね。

 

グラントリノ、良い映画でした。

ミリオンダラーベイビーの流れを継ぐ映画。

クリントのつばを吐く演技はとことん汚らしく、クライマックスの指でピストルを

はじく真似をするシーンはとことん格好良い。

あえて奇をてらわない。フィクションだけど嘘はつかない。

作り物のお話なのに、息が止まる程の重厚感、すきまかぜのような絶望。

王道なのに王道じゃない。

上手く表現出来ないけど、クリントの俳優をまだまだ見たいし、

彼の映画は語り継がれて欲しい。

 

ついでにレビュー”バケモノの子

うーん、、な映画。

物語を作る為にキャラクターを集めて何とか終わらせました、って感じの映画。

細田さん、監督に徹した方が良いのでは汗

今までのスタジオ地図作品が良かっただけに、この作品のストーリーテリング、世界観、キャラクター背景の弱さなどが目立ちます。

先が読め過ぎて早送りしてしまった。

 

ちがうちがう!そうじゃない!

と映画の中で違和感と必死に戦った為、もう感情移入どころではありません。

 

脚本というのは本当に大事なんだなと再確認させられた映画。

とはいえ次回作を切に期待しております。

 

この映画を見たよ”トレインスポッティング2”

およそ1ヶ月ぶりのブログ更新です。

映画は結構見ているのですが、アウトプットしなきゃいやーね、私ったら。

 

さてさて、まずは見てきましたよ!これ!

f:id:pineatapple:20170424213228j:plain 

ちなみにネタバレあるのでまだ見てない人は要注意やで!

 

 

トーリー

起 友人を裏切り消えていたレントンが故郷に戻る

承 旧友達に合うも相変わらずクズっぷりが炸裂している彼等に感化されるレントン

転 最も怖い旧友ベグビーが刑務所を脱走しレントンを追い回す

結 ベグビーの策略によりベグビーと対峙するレントン&級友達、、

レントンはどうなってしまうのか!?

 

物語の起承転結を書いていると、とりたててストーリー性はありません笑

最初に言っておくと、これは”トレインスポッティング1”※以降トレスポ1

へのオマージュ作品であり、一種の同窓会ムービーであり、

ダニーボイル監督やその周辺の

ユアンとやっと仲直りできた!原作もあることだしやっちゃおーぜトレスポ2!』

てきな

一種の飲み会で盛り上がったネタ本当にやっちゃいました的なノリを感じなくも無い。

 

なにしろ演出上の問題かもしれんがトレスポ1の時に印象的だったあの場面やあの場面なんかが再現されるのは

レントンの場面だけだ。

 

ただ、一つ言っておくが映画としての完成度は非常に高く、そこはさすがのダニー、

見た人の殆どが合格点の太鼓判を押すのではなかろうか。

 

実際人物描写や台詞が吟味されている分トレスポ1よりも視聴者の好みは別れないだろうし、英国ムーブメントや80年、90年代に青春を謳歌した人々には身につまされるものがあるだろう。

私も30代なのだが、レントンに”ドラッグの代わりにボクシングでもやってみろよ”といわれ、

素直にジムに通いボコされてシュンとなり町を歩いていた所、

20年前のレントンとスパッドが走ってきてレントンが車にぶつかり、

にやりと笑う例のシーンが再現されるシーンではジーンと来てしまった。

ノスタルジックな曲が流れ、スパッドの”こんなはずじゃなかった”という

センチメンタリズムが憎い位に再現されているのだ。

スラムドッグ〜でもそうだがダニーボイルは感情を揺り動かすのが上手い。

 

トレスポ2ではスマホが物語の鍵になっている。これは物語の一つのテーマである

”一つの時代を終わらせたもの”の象徴であるスマホ、ネットをレントン達に頻繁に使わせる事で

過去の時代に生きるレントン達でさえも新しい社会の仕組みの中で生きて行かなければ

ならない事を暗喩しているような気がする。

 

率直に言うと、トレスポ2は映画としては好きだが方向性としては好きではない。

ベグビーがレントンを追いつめた時に”俺には選択肢など無かった”と言うが

ボクはそれはいい訳だと思ってしまった。

ドラッグを断ち、実直に生きてく事が出来なかった自分へのいいわけだと。

そして悪友から別れ20年も断ったのにあっけなく悪の道に戻ってしまうレントンにも

いささか違和感を覚えた。

 

ただ、この物語の主役は表向きはレントンだが事実上はスパッド、そしてベロニカのような気がする。

変化らしい変化の無い他3人と比べて(レントンはむしろ後退している)

パブを作り、モノを書き、仲間を裏切らない、という信念に基づいて生きた彼は

この映画の中で誰よりも理想の人間像だったし、ドラッグも断つ事が出来た。

トレスポ1のように最終回でレントンがにやけながら大金を手に逃げる姿に

自分を重ねていた若者は社会に出ていくつかの理不尽に出会い、

実直に生きるスパッドに心重ねる人も多い気がする。

これこそがダニー監督が今 描く希望なのかもしれないが、それにしても

エンドロールの映像と言い、新しい時代やテクノロジーに否定的な感は

否めない。

原作がどうあれ、こんな時代だからこそレントン達にも大げさな希望を持たせても

良さそうなものだが。

 

おまけ

最近見た映画総レビュー

時間が無いから簡潔で許して

 

1、フライドグリーントマト

日曜の夕方なんかに家族で観ると優しい気持ちになれるかもね。

おばあちゃんの昔語り+問題をかかえるデブおばちゃんの交流。

昔のアメリカの時代背景なんかを観れるのは良いね

2、キャストアウェイ

何故か見てなかった映画。結末はまぁそうなるよねって感じ。

何か映画じゃなくてドキュメンタリーにして欲しい、日本だとあれか

無人島生活みたいな。

あ、あれってこれが元ネタだったりして!?

3、メメント

昔見たyo!

でも忘れたYO!

な映画。うん良く出来てるねー。当時は口コミで流行ってたなあ。

なんと言うか、目的は達成したのに殺しを続ける主人公の心理に何故か納得が言ってしまうというか、分からないでも無い気がしてしまう自分を怖いと思ってしまう映画笑

 

4,インターステラー

何か過小評価されている感がある映画。

レビューにもある通り、宇宙の予備知識があるともっと楽しめるんだろうな、

また見たい映画。

5、ジャージーボーイズ

クリントちゃんの映画。面白いんだけど割と安全運転で映画が進行して行く感じ。

クリントさんはでも本当に映画好きなんだね、良策以外にはあったことない。

まあ衝撃を受けたのはミリオンダラベビだけだけど笑

6、プリズンブレイク

良い悪い別にしてこれが12話とか長い。2時間にしてくれと思う笑

2話しか見てないが続きは気にならないしお腹いっぱい

ボクは映画が好きなのだと再認識させられました。

もう連ドラは借りません笑

7、ブリジットジョーンズの日記

この映画を好きな女性とは仲良くなれそうに無い笑

アメリは大好きなんだけどな

 

 

この映画をみたよ其の②”we are x”

どうもこんにちは!

今日は久々に映画館で映画を鑑賞してきました。

やっぱり映画館で観る映画は格別ですね。

 

そしてこの映画、we are the x は、日本国民の30代〜50代には言わずと知れた

xjapan、主にリーダーのyoshikiさんに焦点を当てたハリウッド映画です。

ボクはx Japanの音楽は好きですが、

おまえ超ファンか?と言われると微妙な所で、どちらかというとX japan にまつわる人々の悲運な出来事の

数々、そして破壊的なカリスマ性を誇るリーダーyoshikiさんに興味があり

この映画目当てで映画館まで行ってきました。

わざわざ池袋まで..笑

 

少し興味あったのが客層でしたが、

やっぱり全身真っ黒でどくろアクセサリーだらけの方とか、全盛期のtoshiのように髪を逆立てていて、後ろの席の人が

映画が見えずに”てめえ”じゃまなんだよこらあ!”

とか殺伐としていたらどうしよう..と思っていたのですがそんなことはなく(当たり前だ)

下は20代から上は50代まで幅広かったように思います。

印象としては女性が多い印象。見た目では決めつけては悪いですが

明らかにxを聞かなそうな子もいたので、ボクのようなにわかファンや、

昨今のtoshiさん洗脳騒動でXってなんだ!?

って興味を持った子も多いかもね。

 

さてでは映画の起承転結。

起 X japanがウェンブリーでライブを行うまでの軌跡。

承 バンドのエネルギー源yoshikiの生い立ち。

転 バンドを取り巻く悲劇の連鎖。トシの洗脳事件、ヒデ、タイジの死。

結 様々な人のXへの思い、ロック好きなら知っている海外の大物もばんばん出てきて

 テンションあがる。

 

とまあ、素人に輪をかけまくったレビューで申し訳ないですがドキュメンタリーだけあって起承転結にしづらいです、申し訳ない。

ただ、色々な方のレビューにもあるが、この映画は

Xのファンじゃない方にこそ是非見て頂きたい。

表立ちはXの映画ではあるが、半分はX japanに所属するyoshikiの伝記的側面が

強い。

誰よりも海外進出を望み、信じ、高校生の頃から暴走族の集会の傍ら

英語の単語帳を肌身離さない男。(もはや伝説)

彼の音楽的功績はもちろん、x japanが解散してからも国内外を問わず

放った功績が無ければハリウッドが映画を撮ろうとは思わなかったろう。

 

そしてこの映画はサンダンス映画祭の最優秀編集賞を受賞している。

ちなみに過去のグランプリ受賞作にはデミアン チャゼル 監督の※”セッション”

がある。(この映画のレビュはまたいつか)

※2017.3月現在絶賛上映中の”ラ ラ ランド”の監督だよ

 

日本人バンドが海外で奮闘する姿、苦悩を描いた逆輸入ハリウッド映画、

書いて行く程、凄い事だなと感じる意義のある映画なのに、上映映画館が少なすぎると思うのはボクだけでしょうか・・

 

映画の中の、ソニーのプロデューサーさんが言っていた

 

”彼等は人間性が良かったから、売れると思った”

 

と言う言葉が何故か凄く印象に残った。

実際メイクをしてない彼等は素朴で良い人達なんだろう。

ステージの狂気、危うさと普段の人間じみた彼等のギャップもまた、

多くの人を引きつけているのだと思う。

 

今回の感想はかなりyoshikiさんによったものになってしまった。

xファンの人には怒られるだろうが..

身近な人をあまりにも多く失いすぎたyoshikiがいなければ、

Xの再結成は絶対に存在しなかった。

 

”自殺する人は良い。でも残された人はどうするの?”

彼が映画の中で放った言葉だ。

今までにも似た言葉を聞いた事はある。けれど

これだけ心に残ったのは初めてかもしれない。

 

最愛の家族を失い、友を失い続けても一人音楽と向き合った男。

 

”ちょっと なよっとしてて、女みたいだよな!”とか思ってた

20代男子とかは

"ヨシキ超格好良くね!?俺もドラムやるわ!”

なんて、意識改革が置きそうなくらい格好良い。

 

この映画は”生きる事”はなにか、”絆”とはなにかなど、

道徳的なテーマが多々盛り込まれている。

それこそ中学の道徳の時間とかに生徒に見せて上げて欲しい。

 

なにより今後日本が世界の中で経済国として生き抜く為、

こんなに世界の人々を熱狂させている人がいる、言う事を伝える事は

非常に大事だと思う。

 

もう一度言う、これは非英語圏である日本のバンドを、ハリウッドが撮った

逆輸入映画である。

ボクはここにいた@”恵比寿クロスロード ベーカリー”

 

 

こんにちはー!

現時点でアクセス履歴ゼロで心折れそうですが楽しく書いて行きますよー!^^

 

聞けばGLAYのライブも最初は客がいないときもあったって言うじゃない!

GLAYのみなさん、ファンのみなさんごめんなさい。悪ノリです)

 

さて、ついにこのブログ食レポにも手を出し始めました。

何でもアリです。まぁコラム集だからねー

 

CROSSROAD BAKERY -EBISU TOKYO- | クロスロードベーカリー -東京 恵比寿-

crossroadbakery.com

 

しまった、外観撮り忘れたので詳しくは本WEBで↑

 

サイトを見て頂くと分かると思うのですがこのお店は本当にお洒落です。

内装だけでなく店員さんもパリっとしている。 (パンだけに)

 

何も食べなくても、お店を見に行くだけでも価値があると思いますよ。

んで今日ボクが食べたパンがこの二つ。

f:id:pineatapple:20170325025701j:plain

◯ソーセージのデニッシュ(旨いけど、暖めて食べたかった。贅沢)

◯練乳クルミバゲットサンド(これ本当に美味しいです!もう一回言うよ!

これくそうめえ!)

※正式名じゃないよ

 

12時台に行ったのですが行列の出来る時間があったり、

人気のパンが売り切れていたりするので早めの時間に行くのが良いかと。

f:id:pineatapple:20170325025708j:plain

 

昼はカフェ、夜はダイニングバーなのねー!

今度は夜行ってみよう!

ごちでしたー!

 

この映画を見たよ其の一  ”世界に一つのプレイブック”

こんばんわ。

最近理由あって、外食にお金使いすぎなマニです。

なぜ外食にお金使い過ぎかは、それはまた別の機会に..

 

今日から、映画の感想文を書いて行こうと思います。

ボクはかなりの量、映画を見る割に見た映画の内容を覚えてなかったりして

勿体ないので、、(この前なんかは途中まで見てこれ見た事ある感を感じてたら

本当に見るの2回目の映画でした・・)

 

今日は、記念すべき初映画レビューをしようと思います。

作品はこれです。

 

f:id:pineatapple:20170323225538j:plain

”世界に一つのプレイブック”

 

とはいっても、批判的なレビューを書いてもしょうがないので、(それをボクがやる必要は無いと思うので)

『この映画面白いんだよね、凄いんだよね。ちょっと見てみてよ』

的な、

あくまで友達に勧めるような感じで書いて行こうとは思いますが、

変にこぎれいにまとめても面白く無いので僕の視点からみたレビューを書いて行きます。

 

 

まずは

時間の無いあなたの為の

5秒で分かるあらすじ説明。

 

起:出所した男が恐怖のストーカーと化し嫁を探しまわる

承:そのストーカー男(スト男)に何故か近所で有名なあばずれが恋する

転:あばずれはダンス大会に私と一緒に出れば嫁が見直す、と嘘をつく

結 :ダンス大会の結果にスト男の家族の命運までかかってくる

果たしてストーカー、あばずれ、ストーカー家族の運命やいかに!

 

って感じです。乱暴にまとめると。

これだけ見るとカオス以外の何者でもありません。

 

ボクはこの映画を何の予備知識も無しで見たのですが、物語の前編はかなり混沌と

しています。

 

主人公のパット(ブラッドレイ・クーパー)は、ある事件がきっかけで刑務所へGO!

してしまうのですが、なぜ刑務所に入ったのかが序盤では描かれない事や、

そしてパットのおっかけあばずれ女ティファニージェニファー・ローレンス)も、

最初は視線がヤバく、来ている服から何から全て売春婦のような雰囲気を醸し出しているし、頼みの綱のパットの親父は失業現在進行形でスポーツギャンブルに精を出していて、開始20分位してもこの映画には世間一般でいう

”まともな人”

が出てないのでは無いかと不安になってくる(ちなみにパット父がロバート・デ・ニーロだとボクが知ったのはエンドロールを見てからであった..)

 

※地味にクリスタッカーも出てる

 

ところがところが、パットだけにぱっとしない(失礼)

このキャラクター達が、少しずつ変わって行く。

 

この映画を見終わった後には、最初に嫌悪感を感じていた全ての登場人物に愛着が沸いていて、何だか優しい気持ちになっている。

 

全ての始まりは、ティファニーの”私とダンス大会に出場しなさい”

とゆう、パットへの命令だった。

 

しかしそれは命令であり、勇気であり、パットへの慈悲であり、彼女自身のパットへの

sosだった。

彼女は自分自信と向き合えてはいたはずだが、歩き出す相手が必要だったのだ。

 

人間は一人では何も出来ないが、世界の変革は一人の情熱から起きる。

 

 

 

最後に、この映画のヒロインがミシェルなら、アイドルは間違いなく

パットのお母さんです。

理由が気になる人は是非見てくださいね。

 

                END

 

 

セックス ピストルズ “holydays in the sun"

 

 

f:id:pineatapple:20170322221940j:plain

 ↑まぁ綺麗イギリスの田舎の写真ですわ

 

 

どうもマニです。

自己紹介:おおまかに言うとあなたと同じ人間です。

 

仕事は色々やっています。

 

さて、このブログはコラムの寄せ集めみたいな感じで、

ボクの興味ある事をずらずらっと書いていこうかと思います。

 

只、文章だけだと疲れちゃうんで写真とか絵も入れてあげましょう!←何故か上から

 

突然ですが、ボクはライターと名乗りたいのでブログをやっています!

嘘では無いよね!お金は貰ってないけども!

ちゃんと記事書くからさ!

 

f:id:pineatapple:20170322222511j:plain

 (まぁお前が良いなら良いんじゃないでござるか・・寝るわ。)

 

↑はボクんちのアイドル”そらまめ”です。

肉球の匂いが

 

 

そら豆なので。

 

 

ちなみにメス猫です。

 

 

ま、茶番は置いといて、次から見た映画の感想とか、食べに行ったお店の話とか、

振られた女の子の話とか、付き合えそうで振られた女の子の話とか、

ご飯デート3回したけどやっぱり振られた話とかしていこうかな。

 

振られてばっかりじゃねーか!

 

でも☆過去の俺に文句は無いよ☆

 

※何となく気分が落ち込んだときやイラついたときは句読点や!の代わりに

☆を入れてみてください。

 

例 マジで☆このブログ☆むかつく☆☆☆

(原文:まじで、このブログ、むかつく!!!)

 

 

ね、きっと良い事があります。

 

てなわけでばいちゃ。

 

 

 

 

 

f:id:pineatapple:20170323012907j:plain