ドラゴンスクリーム

映画とかの感想メモ ネタバレあるかも

この映画を見たよ”トレインスポッティング2”

およそ1ヶ月ぶりのブログ更新です。

映画は結構見ているのですが、アウトプットしなきゃいやーね、私ったら。

 

さてさて、まずは見てきましたよ!これ!

f:id:pineatapple:20170424213228j:plain 

ちなみにネタバレあるのでまだ見てない人は要注意やで!

 

 

トーリー

起 友人を裏切り消えていたレントンが故郷に戻る

承 旧友達に合うも相変わらずクズっぷりが炸裂している彼等に感化されるレントン

転 最も怖い旧友ベグビーが刑務所を脱走しレントンを追い回す

結 ベグビーの策略によりベグビーと対峙するレントン&級友達、、

レントンはどうなってしまうのか!?

 

物語の起承転結を書いていると、とりたててストーリー性はありません笑

最初に言っておくと、これは”トレインスポッティング1”※以降トレスポ1

へのオマージュ作品であり、一種の同窓会ムービーであり、

ダニーボイル監督やその周辺の

ユアンとやっと仲直りできた!原作もあることだしやっちゃおーぜトレスポ2!』

てきな

一種の飲み会で盛り上がったネタ本当にやっちゃいました的なノリを感じなくも無い。

 

なにしろ演出上の問題かもしれんがトレスポ1の時に印象的だったあの場面やあの場面なんかが再現されるのは

レントンの場面だけだ。

 

ただ、一つ言っておくが映画としての完成度は非常に高く、そこはさすがのダニー、

見た人の殆どが合格点の太鼓判を押すのではなかろうか。

 

実際人物描写や台詞が吟味されている分トレスポ1よりも視聴者の好みは別れないだろうし、英国ムーブメントや80年、90年代に青春を謳歌した人々には身につまされるものがあるだろう。

私も30代なのだが、レントンに”ドラッグの代わりにボクシングでもやってみろよ”といわれ、

素直にジムに通いボコされてシュンとなり町を歩いていた所、

20年前のレントンとスパッドが走ってきてレントンが車にぶつかり、

にやりと笑う例のシーンが再現されるシーンではジーンと来てしまった。

ノスタルジックな曲が流れ、スパッドの”こんなはずじゃなかった”という

センチメンタリズムが憎い位に再現されているのだ。

スラムドッグ〜でもそうだがダニーボイルは感情を揺り動かすのが上手い。

 

トレスポ2ではスマホが物語の鍵になっている。これは物語の一つのテーマである

”一つの時代を終わらせたもの”の象徴であるスマホ、ネットをレントン達に頻繁に使わせる事で

過去の時代に生きるレントン達でさえも新しい社会の仕組みの中で生きて行かなければ

ならない事を暗喩しているような気がする。

 

率直に言うと、トレスポ2は映画としては好きだが方向性としては好きではない。

ベグビーがレントンを追いつめた時に”俺には選択肢など無かった”と言うが

ボクはそれはいい訳だと思ってしまった。

ドラッグを断ち、実直に生きてく事が出来なかった自分へのいいわけだと。

そして悪友から別れ20年も断ったのにあっけなく悪の道に戻ってしまうレントンにも

いささか違和感を覚えた。

 

ただ、この物語の主役は表向きはレントンだが事実上はスパッド、そしてベロニカのような気がする。

変化らしい変化の無い他3人と比べて(レントンはむしろ後退している)

パブを作り、モノを書き、仲間を裏切らない、という信念に基づいて生きた彼は

この映画の中で誰よりも理想の人間像だったし、ドラッグも断つ事が出来た。

トレスポ1のように最終回でレントンがにやけながら大金を手に逃げる姿に

自分を重ねていた若者は社会に出ていくつかの理不尽に出会い、

実直に生きるスパッドに心重ねる人も多い気がする。

これこそがダニー監督が今 描く希望なのかもしれないが、それにしても

エンドロールの映像と言い、新しい時代やテクノロジーに否定的な感は

否めない。

原作がどうあれ、こんな時代だからこそレントン達にも大げさな希望を持たせても

良さそうなものだが。

 

おまけ

最近見た映画総レビュー

時間が無いから簡潔で許して

 

1、フライドグリーントマト

日曜の夕方なんかに家族で観ると優しい気持ちになれるかもね。

おばあちゃんの昔語り+問題をかかえるデブおばちゃんの交流。

昔のアメリカの時代背景なんかを観れるのは良いね

2、キャストアウェイ

何故か見てなかった映画。結末はまぁそうなるよねって感じ。

何か映画じゃなくてドキュメンタリーにして欲しい、日本だとあれか

無人島生活みたいな。

あ、あれってこれが元ネタだったりして!?

3、メメント

昔見たyo!

でも忘れたYO!

な映画。うん良く出来てるねー。当時は口コミで流行ってたなあ。

なんと言うか、目的は達成したのに殺しを続ける主人公の心理に何故か納得が言ってしまうというか、分からないでも無い気がしてしまう自分を怖いと思ってしまう映画笑

 

4,インターステラー

何か過小評価されている感がある映画。

レビューにもある通り、宇宙の予備知識があるともっと楽しめるんだろうな、

また見たい映画。

5、ジャージーボーイズ

クリントちゃんの映画。面白いんだけど割と安全運転で映画が進行して行く感じ。

クリントさんはでも本当に映画好きなんだね、良策以外にはあったことない。

まあ衝撃を受けたのはミリオンダラベビだけだけど笑

6、プリズンブレイク

良い悪い別にしてこれが12話とか長い。2時間にしてくれと思う笑

2話しか見てないが続きは気にならないしお腹いっぱい

ボクは映画が好きなのだと再認識させられました。

もう連ドラは借りません笑

7、ブリジットジョーンズの日記

この映画を好きな女性とは仲良くなれそうに無い笑

アメリは大好きなんだけどな