僕ログ日記

主にプログラミングと雑記。

Unity学習 (c#)

改めて、unityについてまとめていきます。

※自分への備忘録

 

C#の自動生成スクリプトについて〜

c#で新規のスクリプトを作成すると、

デフォルトで以下のスクリプトが自動生成される。

---------------------------------------------------------------------

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour {

    // Use this for initialization
    void Start () {
        
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        
    }
}

---------------------------------------------------------------------

■以下、説明

 

①Using System.Collections;

②Using System.Collections.Generic;

→上記①〜②のコードはデータを格納するための型を提供する

③using UnityEngine;

→unityを動かすために必要な機能を提供

 

④public class Test : MonoBehaviour  {}

→クラス名を決めている。

c#で書かれたプログラムは、クラスという単位で管理する

スクリプトは、{}の中に書く。{}で挟まれた部分を

ブロックという。

 

■Unityの基本

作成したスクリプトは、何らかのゲームオブジェクトと

結び付けないと動かない。

この操作をアタッチという。

Unityの超基本動作となるので覚えておこう

 

■unity(c#)の変数について

phpでは型を意識せずプログラミングできるが、

c#では型の宣言がある。

 

○変数の宣言方法

型名 変数名;

 

スクリプト例:

    void Start () {
        int age;
        age = 30;
        Debug.Log(age);

出力結果 30

■変数の型

 

int 整数型(数字)

char(文字型)

string(文字列型)

float(浮動小数点型)

 

■変数の代入

○同じ型の変数同士は代入できる。

変数名 = 代入する変数名

void Start () {
        float height1 = 160.5f;
        float height2;
        height2 = height1;
        Debug.Log(height2);

出力結果:30

■変数に文字列の代入

string name;
        name = "kitamura";
        Debug.Log (name);
        

出力結果 kitamura

文字列は""で括ること