"CHANGE" [the:world]

34才高卒男が開発エンジニアになるための記録

ポートフォリオおよび学習について

30代未経験のエンジニア転職には「ポートフォリオ

が必要になってきます。

20代であれば「伸びしろ」、「素直さ」を評価されて

未経験でも開発職に飛び込めたりします。

しかし30代、とりわけ33才を超えると日々転職のハードルは上がるわけで、

まるでスーパーマリオをちんたらプレイしてたら時間切れになりそう!

っていうのに似てますね。

ええ、怖いぐらいに人生に酷似してる、、

 

「そうはいっても俺は私はエンジニアになりたいんじゃぼけえ!

30代なんてまだ若いやろが!?」

っていう方、安心してください。僕も同じですw

たかだか20代と数歳しか変わらないのに、チャンスが閉ざされてしまうなんて

馬鹿らしいですよね。

でも、社会ってそうゆう部分が多い。これに限らず。

でも、あがかなければ波は起こらないし、そのなかでチャンスをくれる人は

きっと同じような考えを持つ方が多いのではないかもしれません。

 

そして、どんな時でも道は閉ざされていないと僕は感じます。

 

具体的には、先述したようにポートフォリオが必要になってきます。

 

ポートフォリオ」というのは、自分やチームで開発した

システムやWebサイトなどをのせた作品集のようなものです。

目に見えるポートフォリオがあり、使われている技術や言語、

さらに今後追加できそうな機能などを意欲的に話せば、

転職の可能性は開けるかもしれません。

未経験でも、ここまでやれるのならまだ伸びそうだ、

あるいは即戦力になってくれそうだ、

というのをアピールできればなんとかなると思うのです。

 

、、、とか偉そうに書きましたが、僕自身ぽーとふぉりおを

作ったことはありません。

 

一度、学んだ技術のツギハギでWebアプリを作ろうとしたのですが、

HTML/CSSを下に見てあまり学習しなかったこともあり、

実装が途中で頓挫してしまいました。

 

なので、現在はもう一度HTML,CSS,JavaScript,PHP

基礎から学習し直し、文法がより身についてくるようになれば

オリジナルWebシステムなどを作成しポートフォリオ

作っていこうと考えています。

 

■学習について

自身の年齢もありあまり後がないので、同期が遊んだりゲームしたりしている間

学習に時間をさけている実感はある。

しかしそれが比較論における自己満足であればこれほど怖いものはない。

 

なので、今後はスケジュールシートと時間管理アプリをつかって 

タスク管理をすることにした。

スケジュールシート:Google スクレッドシート

時間管理アプリ:Toggle

と、それぞれ今までに使ったことのあるツールをひとまず使ってみる。

 

■基礎学習について

プログラミング学習サイトがどんどん増えていて、

スクール運営型ではないものだと「プロゲート」

が人気のようです。

僕もやったことがありますが良く作られていて

クイズ形式で楽しいです。

 

ただ欠点もあって、環境構築は基本プロゲート内の

エディタで行うので、確かにつまづくことはないのですがこれにより

ググったりする力やサービスを一から作る力がつくかは正直人によると思うので、

他のサービスと併用しながら学習を進めると良いと思います。

 

僕自身は、「ドットインストール」であれば動画をみながらハンズオンしているうちに

システムが一つできたりするので、さらなる理解を深めるために

ドットインストール内のHTML,CSS,JavaScript,PHPの学習を

ほぼすべてクリアしようと考えています。

(ほぼ、というのはバージョンが古かったりして学習継続が難しそうなものは

除く、という意味。ハンズオンでも少し環境やスペックが違うだけで

動画と違う結果が出るので、そこは注意が必要です。ただ、調べ甲斐は

ありますがね、、)

 

ということで、今からスプレッドシートで1週間分の学習計画を

立てようと思います。